映画鑑賞と子供の成長

先週までは桜が咲き乱れていましたが、お天気が優れない日が続いたので、小学生の娘とそのお友達もつれて久しぶりに映画館へ行ってきました。

映画は「モアナと伝説の海」で、どうやら今女子の間で人気らしいです。

南の島に住む少女モアナが、島の危機を救うために冒険を繰り広げるディズニーのミュージカル映画です。

毎度のことながら、楽しい歌とストーリー展開でした。

舞台が南国なだけあって綺麗な海のシーンが多く、大人はリゾートに行きたい!という気持ちがムクムクとわいてきちゃいます。

ディズニー映画を観るたびに、これは本当にアニメなのかしら、と思うような映像に驚かされます。

海や人の髪の毛なんて、本物そっくりで、まるで実写版を観ているみたいでした。

ストーリーもハラハラドキドキで楽しかったです。

また、モアナの強い気持ちで自分の進むべき道をいく姿は、大人にとっても壁を破って、がんばる勇気を与えてもらった気分になりました。

とはいえ、現状維持が精いっぱいなんですがね。

映画の予告の時から、印象的な主人公の歌が素敵で、楽しみにしていた子供たち。

実際に全編を観た後は、心をつかまれたようで、しばらくみんなで歌って世界にひたっていました。

大好きな「美女と野獣」の予告もみて観たいなぁと思いましたが、まだ子供には怖くて無理だよーと言われて断念しました。

ドラマも映画も実写が怖くてたまらない娘は、ドラえもんだけじゃなくなったことだけでも、成長ですね。

あっという間に大きくなって、友達と行っちゃう前にいっぱい観に行きたいな、などと思いながらの映画鑑賞日でした。

ちなみに、私は前日のムダ毛処理のカミソリ負け部分がかゆくて、薄暗い映画館の中で、人知れずかきむしっていました。

 

 

芸能ニュースも刺激になれてしまった感じ

去年は1月から、意外な大物芸能人の不倫ネタからはじまり、本当に衝撃的な芸能ニュースが続きましたよね。

まずは新年一発目からの「アレ」です。

爽やか高感度な女性タレントと、私も密かに好きで久しぶりにアルバムまだ買っていたいミュージシャンがアレをアレしてソレとかいう状態でしたからね。

しかも、どんどんとお互いに悪い方向へと、転がり落ちていってしまうとは・・・。

あのお二人は、私のなかではまったく結びついていない二人でしたが、それぞれわりと好きだったんで、こちらとしてもショックでした。

とくにミュージシャンの方は、やっぱり「音楽はいい」と思いますからね。

楽曲提供したアイドルの曲だって、やっぱりいいものが多いです。

もっとも、ビジュアルは好みではありませんが、曲自体はいいんで、本当に残念でなりません。

お互いにそこではなく、もっと別な相手だったら、ここまでの事態になってはいなかったと思うのです。

もう、なんかアフターフェスティバル状態ですから、発売延期になっていた新譜も良かったですから。

さて話を戻して、去年はそんなニュースからの1年的なところがありましたが、なんだかもう今年は「平和だなー」なんてことも思ってしまいます。

世界的に有名な某大物俳優が不倫しようが、去年の不倫ニュースが立て続いたことに慣れてしまったのか、「まああるだろうなー」なんて思ってしまいました。

良くも悪くも、まあ悪いのでしょうけれど、去年一発目の不倫ニュースは衝撃的かつ人々に多大な影響を与えたように思います。

ちなみに、不倫するって元気はどこから出るのでしょうか?やっぱり、クラチャイダムゴールド効果もあるのかも知れませんね。